handmadehandmade > 持ち手の付け方 > 口布に挟んでつける方法

img口布に挟んでつける方法

img

持ち手を口布の中に入れて折り返して縫い付ける方法です。

キルティングバッグや、固めの持ち手テープを使用する場合は、ミシンで縫えない場合も出てくるので、避けた方がいいと思います。

他のやり方はこちらでご紹介しています。

持ち手の作り方はこちらでご紹介しています。併せてご覧いただけると、参考になると思います。

※ ご利用前にこちらの注意事項を必ずお読みください。

2016.8.5 更新
やり方
img

1.口布を出来上がりに三つ折りにします。

img

2.持ち手の表を上にしてを口布の中に1cmほど入れます。表裏がない場合は、どちらでも大丈夫です。

3.口布の下端をミシンで一周縫います。最初と最後は返し縫いを忘れずに。

img

4.持ち手を上に起こします。このままだと持ち手の付け方が弱いので、上端(写真のマチ針の位置)を縫います。

持ち手の部分だけ縫ってもいいですし、口布部分全体に一周ミシンをかけてもいいです。最初と最後は返し縫いを忘れずに。

img

5.さらに心配な方は、折り返し位置の2〜3mm上と口布から2〜3mm下側の位置にミシンをかけて持ち手をおさえます。最初と最後は返し縫いを忘れずに。

img

こちらが上下両方縫ったところ。

img

表から見ると、こんな感じになります。

昔はよく(今も見かけることありますが)、バッテンに縫ってましたよね(^_^)

私は見た目重視で上下だけ縫ったり、上だけ縫ったりしていますが。

line
  • 市販の持ち手テープを使った例
  • バッテンに縫った例

MENU

handmadeメニューに戻ります。HOMEメールはこちら♪
handmadeサイトマップ掲示板ひとりごとブログ
[PR]動画