handmadehandmade > ワンポイント > ジャージのつくろい縫い

ジャージの破れたところや、転んですれてしまったところをちょっと補修したいなっていう時のやり方です。

一般的な生地(布帛)でもやり方は同じです。また布帛は布帛で別ページでご紹介していますが。

2019.6.15 UP

※ ご利用前に当サイトの作り方や型紙をご利用になる方へを読んでくださると嬉しいです。

やり方

今回はズボンの股が破けたところを補修します。

今回は同系色の100均で購入した薄いニット地を使用。穴が隠れるくらいの大きさにカットします。必ず伸縮性のある生地を使ってください。

裏から当て布をおきます。

マチ針で仮止めします。

表からまたマチ針を打って、裏から打ったマチ針を外します。裏が見えないので、できれば、しつけしたほうがいいかも。

生地と同系色の糸を用意。糸はレジロン糸(ニット用)じゃなくていいです。普通のポリエステル糸で大丈夫です。

縫い模様は点線ジグザグ。縫い目の長さは0.2くらいに細かくします。振り幅は最大にします。点線ジグザグがない場合は、普通のジグザグでもOK。

穴が広がらないように気をつけながら、表から縫っていきます。広範囲の場合は、位置を移動しながら何本か縫っていきます。返し縫いは不要です。

裏から見るとこんな感じ。余計な当て布はもう少し切っても大丈夫。今回はこのままにしました^^;

handmadeメニューに戻ります。 HOME メールはこちら♪
handmadeサイトマップ掲示板ひとりごとブログ
[PR]動画