handmadehandmade > 家庭用ミシン詳細 > ミシン機能

家庭用ミシン JUKI HZL-010N

JUKIミシン HZL-010N

ここでは、コンピュータミシンの便利な機能をご紹介したいと思います。

メーカー : JUKI

機種 : HZL-010N

JUKIホームページ

2016.4月 更新

☆ ミシンのいろいろな機能紹介 ☆

 自動下糸巻き機能

下糸巻き

縫っている途中で下糸がなくなった時って一番困りますよね…。このミシンは、下糸がなくなりそうになると、うるさいくらい「下糸を確認してください」というメッセージとともにミシンがストップします。

そして、なくなったな…と思ったら、下糸巻きボタンをピッと押すと、糸を切ったり生地を抜いたりしなくても、写真の状態のままで下糸巻きができちゃうんです!もちろん、専用のボビンが必要ですが。

専用ボビンでなくても同じように「下糸を確認してください」のメッセージが出ました。さすがに自動下糸巻きはできませんが(^_^.)。

img

刺繍機能の場合は、下糸用のミシン糸をセットするところがあり、そこから自動的に下糸を補給して、続きから縫ってくれます。これはすごい機能!!!

この場合も専用のボビンが必要になり、さらに下糸をセットする道順がちょっと複雑なので、最初にセットする時は面倒ですが。一度セットしてしまえば、あとは糸がなくなるまでそのままでいいのですが、逆に直線縫ったりする時に、上糸からの自動下糸巻きができなくなります(T_T)

 ガイド機能

ガイド機能

何かと便利なガイド機能。いわゆる説明書がミシン本体に内蔵されている感じです。

ボタンホールだけでも8種類以上あり、どれがいいの?と迷った時は、ボタンホールを選択し、ガイドボタンを押すと、「ブラウスなどの薄地で小さいボタン」などと、適した素材やボタンの大きさなどを表示してくれるんです!

しかも、写真の赤丸のところに使う押さえの記号が表示されるので、押さえはどれを使って、糸はこうして、スタートボタンを押して…最後は糸きりボタンを押して。などと、親切丁寧。ホント、初心者でも簡単に縫えるミシンです。

 しつけ縫い

しつけ縫い

基本縫いの中に、しつけ縫いというのがあり、どういうものかと試してみたら、針目10mm(1cm)で、ボツボツと針目を大きく縫ってくれるの。それに、ほどきやすいので、スーッと糸が取れて、目からうろこ!わざわざ手でしつけをしなくてもいいんだ!という感じ♪

実際に縫うところを見ていると、一針普通に縫った後、針が上にあがって横にずれ、布送りだけをして10mmのところでまた針を落とすという感じに縫っていくの。すごーい!!と感動ものです(^^)

 基本縫い

基本縫い

これを一番最初に紹介するべきなんでしょうけど、このミシンの最大の特徴は、上糸をボタン一つで自動でかけてくれるの!上糸をセットし、ガイドに沿って糸を切ります。そして、押さえを下げて「上糸かけ」というボタンを押すと、ウィ〜ンとミシンが動いて針まで糸を通してくれるの!

縫っている途中で糸が切れると、ミシンがストップし、画面に「上糸を確認してください」というメッセージが表示されます。

あとは縫う時。前のミシンは自動返し縫いスタートで、終わりも返し縫いボタンを押すと、自動的に返し縫いしてストップしてくれる機能がついていたんだけど、今回のは自動返し縫いスタートと最後の返し縫いはもちろん、最後の糸きりまで自動でしてくれる機能があるの!

handmadeメニューに戻ります。 HOME メールはこちら♪
handmadeサイトマップ 掲示板ひとりごとブログ
[PR]動画