handmadehandmade > 角丸ポケットの作り方

角丸ポケット

ちょっとおしゃれな角丸ポケットの作り方をご紹介しています。

つけ方については角丸ポケットのつけ方を参照してください。

※ ご利用前に当サイトの作り方や型紙をご利用になる方へを読んでくださると嬉しいです。

2016.8.12 更新

作り方

  1. ポケットの大きさの布を準備します。作りたい大きさに、下図の縫い代をプラスした寸法で準備してね♪

    ※ 縫い代寸法はひとつの例ですので、お好みで変更していただいてかまいません。

img
  1. 生地が薄い場合は、ポケット口の縫い代部分かポケット全体に薄い接着芯を貼って補強してください。

    接着芯を貼った場合は裏布をつけるなどして接着芯がそのまま見えないようにしてください。

    なぜなら、洗濯するたびに接着芯がボロボロになってはがれてしまいます。

    img
  1. ポケットの縫い代にジグザグミシンorロックミシンをかけて、縫い代の始末をします。ポケット全体に接着芯を貼った場合は、ほつれてこないので、かけなくてもOKです。

    布帛(普通地〜デニム程度)の場合は上端を残して全部に、キルティングの場合は周囲全部にミシンをかけます(図の太線位置)。

    img
  1. 次にポケット口を始末します。布帛(普通地〜デニム程度)の場合、1cm折ってアイロンをかけ、さらに2cm折ってアイロンをかけます。

    img

    キルティングの場合、上の方法でやると厚くなってしまうので、下図のようにします。

    img
  1. 次にポケット口を縫います。縫う位置は下端から2〜3mmのところです。本当は表から縫ったほうがきれいなんですが、私は裏からかけています。表からだと縫う位置がわからないので・・・。最初と最後は返し縫いを忘れずに。

    img

    もし、ポケット口に飾りでテープ等をつける場合は、ポケット口を縫う位置(表)に先にテープ等を配置してから縫うと一気につけられます。ただ、かなりテクニックが必要なので、できればしつけするか、一度ポケット口を縫ってから改めてテープ等を配置し、表から縫ったほうがいいかもしれません。

    img
  1. 次にカーブしている部分に、しつけ糸2本どりで布端から5mmくらい内側をぐし縫いし、糸を引きながら縫い代を裏側に折ってアイロンで整えます。しつけ糸がない場合は普通のミシン糸or手縫い糸でもOKです。

    ミシンでギャザーを寄せるやり方をこちらでご紹介していますので、参考にしてみて下さい。

    img

MENU

handmadeメニューに戻ります。HOMEメールはこちら♪
handmadeサイトマップ掲示板ひとりごとブログ
[PR]動画