handmadehandmade > 簡単スカートの作り方 > アレンジ1

簡単スカートの作り方
〜裾にフリルをつけるアレンジ方法〜

基本形のスカートにギャザー切り替えの共布フリルをプラスするアレンジ方法をご紹介します。

長方形スカートの裾をちょっとアレンジするだけでまた違った雰囲気のスカートになります。ぜひ、チャレンジしてみてください。

※ ご利用前に当サイトの作り方や型紙をご利用になる方へを読んでくださると嬉しいです。

2016.12.11 更新
やり方

長方形スカートと同様に、丈を決めます。この際、フリル丈分だけ短くします。裾の縫い代は1cmでOKです。

フリル丈はお好みですが、だいたい5〜10cmくらいで私は作っています。フリル寸法(長さ)はスカート裾の周囲寸法の1.5〜2倍くらいですが、布が厚い場合はボリュームが出やすいので、少し控えめにしたほうがいいと思います。縫い代は上下1cmずつでOKです。

フリルが110cm幅で足りない場合は、継ぎ足して、なが〜くしてOKです。

スカート本体は脇を縫い、ウエストの始末をして下さい。

フリルは両端を縫い合わせて輪にし、縫い代は縫い代を割って下さい。

スカートに縫い付けるほうの縫い代にぐし縫いをしてギャザーを寄せる準備をします。縫い代1cmなので、布端から5mmくらいのところに、ぐし縫いしてください。

ミシンでギャザーを寄せる方法はこちらを参考にして下さい。もちろん、手縫いでぐし縫いをしてもOKです。裾は5mmの三つ折りにしてミシンをかけてください。

スカート、フリルともに【両脇】、【中央】の4箇所に合印(マチ針でOK)をつけます。

フリルのぐし縫いしたほうを裏返して、スカート本体と中表になるように合印を合わせ、マチ針でとめます。

合印〜合印の間でギャザーを均等に寄せます。

全体にギャザーを寄せたら、ギャザーの上からアイロンをかけ、落ち着かせます。こうするとミシンがかけやすくなります。次に、布端から1cmのところにミシンをかけます。縫い初めと縫い終わりは返し縫いを忘れずに。

今縫ったところの布端を2枚一緒にロックミシンorジグザグミシンで縫い代の始末をします。

縫い代をスカート側に倒し、表からアイロンで形を整えます。つなぎ目から5mmくらい上(スカート側)に表からステッチをかけたら完成です。

handmadeメニューに戻ります。 HOME メールはこちら♪
handmadeサイトマップ掲示板ひとりごとブログ
[PR]動画