handmadehandmade > 裏布つきバッグの作り方 その1

裏布つきレッスンバッグの作り方

〜脇を先に縫ってから合体させる方法〜

裏布つきレッスンバッグ

お問い合わせの多かった裏布つきレッスンバッグの作り方をUPしました。裏地つきバッグの作り方もいろいろありますが、そのうちの一つです。初心者の方にも、出来上がりがイメージしやすい作り方かな?

※ ご利用前にこちらの注意事項を読んでくださいね♪

2016.9.21 更新

縫う手順としては

  1. 持ち手をつける
  2. 表地・裏地の脇をそれぞれ縫う
  3. 表地と裏地を合体させる
  4. 返し口を残してバッグの口部分を縫う
  5. 返し口から表に返す
  6. 返し口にステッチをかける

材料

  • 表布
  • 裏布
  • 持ち手
※ 必要に応じて
  • 接着芯
  • ポケット生地
裁断図

裏布は縫い代含み寸法で縦を1cm短くカットします。例えば縦63cmの場合、裏布は62cmでカットします。出来上がったときに裏布がバッグの内側で、おさまりがよくなるようにするためです。

※ 表地がキルティング等の厚みのある生地の場合は、横寸法も1cm小さくカットします。

作り方

その1  ポケットをつける

ポケットをつける場合は、ポケットのつけ方(四角角丸)を参考に、ポケットを先に縫い付けて下さい。表につける場合は表布に、内ポケットをつける場合は裏布に縫い付けます。

その2  持ち手をつける

表布(表)に持ち手を配置します。横中心位置から左右同寸法になるように印をつけて持ち手を配置します。

伸縮強化縫い(下写真参照)の縫い模様を使って、持ち手を丈夫につけます。つける位置は出来上がり位置から5mmくらい上の位置に縫い付けます。伸縮強化縫い機能がないミシンの場合は、直線で3往復(同じところを3回縫う)し、丈夫につけます。

ミシンによって表示は多少違うと思いますが、このように直線が3つ並んでくっついている縫い模様が【強化縫い】です。返し縫いの必要はありません。

その3  脇を縫う

表地を中表にあわせ、脇を縫います。最初と最後は返し縫いを忘れずに。裏布も同様に脇を縫います。

縫い終わったらミシン目にアイロンをかけて落ち着かせ、縫い代を割ります(表布・裏布とも)。

底部分は【わ】になっていますので、写真のように手前まででいいです。

裏からアイロンをかけたら、表からももう一度アイロンをかけると、きれいに仕上がります。

次ページに続きます♪
次ページへ

handmadeメニューに戻ります。HOMEメールはこちら♪
handmadeサイトマップ掲示板ひとりごとブログ
[PR]動画