handmadehandmade > 裏布つきバッグの作り方 その2 > P2

裏布つきレッスンバッグの作り方

〜脇をあとから縫う方法(中とじする方法)〜
〜つづき〜

裏布つきレッスンバッグ

このページは作り方P2です。検索で訪れた方はこちらからどうぞ。

※ ご利用前にこちらの注意事項を読んでくださいね♪

2016.9.21 更新

中とじのやり方

縫う手順としては

  1. 持ち手をつける
  2. バッグの口部分を縫う
  3. 脇を縫う
  4. 中とじをする
  5. 返し口から表に返す
  6. 返し口にステッチをかける

作り方

その4  中とじをする

次に表布と裏布を半分に折り、脇の縫い代を重ねます。ちょうど写真の生地境い目から半分に折るようにします(谷折)。

反対側から見ると、持ち手の部分を縫った縫い目から半分に山折にするようにしてください。

先ほど開いた縫い代どおしがくっつくように、あわせてください。ここが意外と間違う方が多いので二つ折りにしたときに開いた縫い代が見えていなければOKです。

こんな感じになりましたでしょうか?そうしましたら、脇の縫い代どおしを合わせてマチ針で軽くとめます。

縫う位置は脇の縫い代のちょうど半分くらいの位置です。ピンクの線が縫う位置です。
 外側の縫い代2枚のみを縫う感じです。ここはしつけというか仮止めのような意味なので、多少曲がっても位置がちょうど真ん中じゃなくても全然OKです。
 この作業をすることで縫い代が止まって中身が飛び出てこなくなります。

上端から下端まででなくてOKです。返し縫いも必要ありません。もし、ミシンに針位置を中央にできるミシンの場合は、針位置を中央にしたほうが縫いやすいかもしれません。段差がありますので…。

その5  表に返す

先ほど縫い残した返し口から表にひっくり返します。破けないように少しずつ引き出してください。画像の柄が違いますが気にしないで下さい(^_^;)。

中とじをしているので、返し口が分りづらいと思いますが、探してくださいね(^_^)

全部表にひっくり返したら、表布と裏布の境にアイロンをかけます。縫い代は裏布側に倒してください。

次に、裏布を中に入れて口布を整えます。表からみて裏布がはみ出ないように内側に少し控えるように形を整えるといいと思います。

ここでも、アイロンをかけるといいでしょう。

表からステッチをかけます。縫い始めは脇からスタートすると、返し縫いの縫い目が目立たなくていいと思います。

ミシンをフリーアームにして縫うと、縫いやすいと思います。

出来上がりはこんな感じです。もし、中とじがわかりづらいときは、省略してもOKです。物を出し入れした時に裏布が出てくるか出てこないかの違いだけなので(^_^)

裏布を引っ張り出してみると…中とじをしているので、裏布が全部飛び出てくることはないです(^_^)

本によっては、返し口を脇部分に残して、最後に手まつりというものが多いですが、私は手まつりが面倒なので、返し口の位置を変えて作っています。

handmadeメニューに戻ります。HOMEメールはこちら♪
handmadeサイトマップ掲示板ひとりごとブログ
[PR]動画