handmadehandmade > リバーシブルベストの作り方

リバーシブルベスト 完成写真

リクエストがありましたリバーシブルベスト(いわゆる『チョッキ』)の作り方をUPしました。ミニチュア版を手縫いで説明しておりますので、お見苦しい点がありますがご了承くださいm(__)m

※ 型紙はありません。

※ ご利用前に当サイトの作り方や型紙をご利用になる方へを読んでくださると嬉しいです。

2015.5.25 UP

作り方

※ 各写真をクリックすると、拡大写真が別ページで表示されます。

パーツは写真の通りです。

フリーハンドで適当にカットした割には、なかなか形になってると自己満足(*^-^*)

では、早速縫っていきます。

1.肩を縫う

(表)前身頃 と (表)後身頃 を中表にして肩を縫います。(裏)前身頃 と (裏)後身頃 も同様に肩を縫います。縫い始めと縫い終わりは返し縫いを忘れずに。

肩の縫い代は割って、アイロンをかけてください。

2.襟ぐり・袖ぐりを縫う

(表)身頃 と (裏)身頃 を中表にして 襟ぐり・袖ぐり をそれぞれ縫います(赤線部分)。縫い始めと縫い終わりは返し縫いを忘れずに。

襟ぐり・袖ぐりの縫い代(曲線部分)に2cm間隔くらいで、切込みを入れます。縫い目の手前ギリギリまで入れます。

※ 切込みを入れると表に返した時に、きれいに形が整える事が出来ます。

3.表に返して、アイロンで形を整える

アイロンをかける時に、裏地を少し内側に控えるようにすると、表から見たときに裏地が見えなくていいです。

今回はリバーシブルなので、どちらを表にしてもいいようにアイロンをかける時にバランスを見て下さい。

4.脇を縫う

3.で表に返してある状態のまま、作業を続けます(表になっていることが重要です)

まず、裏地・前 と 裏地・後 を中表にします。

続いて、表地・前 と 表地・後 を中表にします。

表地 と 裏地 の脇を続けて縫います(赤線部分)

縫い始めと縫い終わりは返し縫いを忘れずに。

※ この時、表地 と 裏地 の脇位置をきちんと合わせてください。

反対側の脇も同様に縫います。

次々と縫い合わせていくので、どんどん立体化してきますが、表に返して確認しながら縫うといいかもしれません。

5.裾を縫う

残っている部分が裾です。

写真のように裾を広げるようにして、表地 と 裏地 を中表にします。

中表にした状態が、このようになればOKです。

写真の赤線部分を縫っていきます。

ただし、表に返すための『返し口』を10cm弱くらい、縫い残してください。

縫い始めと縫い終わりは返し縫いを忘れずに。

6.表に返す

返し口から少しずつ表にひっくり返します。

一気に返そうとすると、縫ったところが破けてしまいますので、慎重に少しずつ表に返してください。

表に返したところがこんな感じです。ちゃんと、ベストの形になっていますか??

返し口の縫い代は出来上がりにそって、内側に入れてください。

返し口を手でまつって、完成にしてもいいですし、写真のように端ミシン(ステッチ)をかけてもいいと思います。

これでリバーシブルベストの完成です♪

handmadeメニューに戻ります。 HOME メールはこちら♪
handmadeサイトマップ掲示板ひとりごとブログ
[PR]動画