handmadehandmade > 自分サイズで作るエプロン

自分サイズで作るエプロン

エプロンの型紙って、なかなかないですよね…。そこで、自分サイズで作れるエプロンの採寸方法をご紹介したいと思います。子供はもちろん、大人の方も同様の採寸方法で簡単に型紙が作れますので、ぜひ自分にぴったりサイズで手軽に作ってみてください(^_^)

ちなみに作り方はこちらを参考にしてみてください。

※ ご利用前にこちらの注意事項を必ずご理解のうえ、宜しくお願いします。

2016.8.23 更新

採寸方法

その1 胸あて部分の横幅を測ります。エプロンの一番上の部分です。

その2 胸当て位置〜ウエスト位置までの丈を測ります。

その3 胸当て部分〜裾までの丈を測ります。

その4 腰回りの寸法を測ります。

ウエストサイズではなく、エプロンの幅をどのくらいにするかの寸法です。

製図方法

製図は紙に製図するか、布に直接線を引いてもかまいません。ただし、布に直接、線を引く時は布の裏側に線を引いてください。また、チャコペンなどを使って製図する場合、洗っても取れない場合がありますので、端っこのほうで試してみてから使ってくださいね♪

製図する順番は1〜5の順番です。

※ 数字の色が違うのは見やすくするためだけで、特に意味はありません。

製図する時は図のように布を半分に折った状態で製図して、裁断すると左右同じ形なので簡単だと思います。おっと!!下記製図したら縫い代を加えるのを忘れずに!!

縫い代は下図の○数字の分だけ加えてください。

見返しはお好みですが、だいたい高さ5cmくらいで、縫い代は周囲1cmでつけてください。

本当は脇の部分を内カーブに製図したほうがフィットしますが、簡単に作る場合は直線で製図したほうが縫うのもラクです。カーブにする場合はご自分のお好みでフリーハンドでカーブをつけてバイアステープで処理します。この場合はHPに掲載の作り方を参考に作ってみてください(^_^)

handmadeメニューに戻ります。HOMEメールはこちら♪
handmadeサイトマップ掲示板ひとりごとブログ
[PR]動画