handmadehandmade > 口布つきバッグの作り方

口布つきバッグの作り方
参考写真

レシピを教えて欲しいとリクエストがあったので、作ってみました。サイズは適当ですが、だいたいお弁当袋サイズには出来上がっていると思います。

※ ご利用前にこちらの注意事項を必ずご理解のうえ、宜しくお願いします。

2016.10.5 更新

材料
材料

※ 今回作ったサイズの例です。材料は縫い代込み。

  • 袋布(バッグ本体)・・・・・縦45cm×横30cm
  • 口布(巾着部分)・・・・・・縦20cm×横30cmを2枚
  • 持ち手・・・・・・・・・・・・・・横7cm×縦30cmを2枚
  • 丸紐(巾着部分)・・・・・・60cm×2本

※ 持ち手は市販のアクリルテープでもOKです。

作り方

2

まずはじめに持ち手を作ります。今回は2.5cm幅、長さは30cmの仕上がりです。縫い代は周囲1cmにしてあります。持ち手の作り方はこちらを参考にしてください。

※ 市販の持ち手テープを使用する場合は省略します。

3

袋布(表)に持ち手を中表に配置します。

持ち手を強化縫いで仮止めします。縫い代1cmなので出来上がり線の少し上(0.8cmくらいのところ)を縫って下さい。

4

持ち手を縫ったところに口布を中表に重ねます。

布端から1cmのところをミシンで縫います。最初と最後は返し縫いを忘れずに。

5

縫い終わったらアイロンをかけて、縫い代を袋布側に片倒しにします。

6

持ち手は口布側に起こしてアイロンをかけます。表からもアイロンをかけると仕上がりがきれいになります。

反対側にも持ち手、口布をつけて同様に仕上げます。

7

口布と袋布が3枚つながった状態で、両端にほつれ止めのジグザグミシンorロックミシンをかけます。

縫い代が袋布側に倒れるように確認しながら縫って下さい。

8

中表に二つ折りにし、両脇1.5cmのところをミシンで縫います。紐通し口を残しますので、両脇上から7cmくらいずつ縫い残します。最初と最後は返し縫いを忘れずに。

9
10

脇の縫い代は袋布側に倒れていると思いますが、縫うときも気をつけてください。口布側から縫い始めるとスムーズに縫えると思います。

口布と袋布の境目がずれないように気を付けて下さい。マチ針でしっかり固定しておくと、ずれにくいと思います。

つづき handmadeメニューに戻ります。 HOME メールはこちら♪
handmadeサイトマップ掲示板ひとりごとブログ
[PR]動画