handmadehandmade > 持ち手の付け方 > バッグ全体につける方法★

imgバッグ全体につける方法

img

太鼓ケースや布団バッグなど、重いものを入れるときに使われる付け方です。

かなり長距離縫うので、市販の持ち手テープを使用したほうがラクかもしれません。

他のやり方はこちらでご紹介しています。

持ち手の作り方はこちらでご紹介しています。併せてご覧いただけると参考になると思います。

※ ご利用前にこちらの注意事項を必ずお読みください。

2016.8.7 更新
やり方
  1. まず、バッグ全体に持ち手を配置してみて、ちょうどいい長さ+縫い代4cmプラスして持ち手をカットします。
  2. 持ち手の両端2cmくらいのところを縫って輪にし、縫い代を割って底の部分に縫い合わせたところがくるように配置すると見た目もきれいだと思います。
    img
  1. ポケットを一緒につける場合は、ポケットを持ち手の下に1cm重ねて入れ、持ち手と一緒に縫い合わせます。
    縫い方はこんな感じ

    持ち手を縫うとき、上図にも書いてありますが(10cmくらいあけて折り返しの部分)、下図のように、口布部分を折り返した時に縫うミシン目にかからないように持ち手を縫い付けて下さい。

    口布端まで縫ってしまうと、バッグを仕上げる時に口布部分が縫えなくなりますよ〜(笑)

    img

MENU

handmadeメニューに戻ります。HOMEメールはこちら♪
handmadeサイトマップ掲示板ひとりごとブログ
[PR]動画